源氏物語

源氏物語を愛しています。
大学生のころに、谷崎の訳を読んで、
はまってしまいました。

社会人になってから、原文を少しずつ読んでいるのですが、
5年間かけて、やっと第1部をやっつけました。
源氏本もけっこう読んでいて、
大塚ひかりさんの本なんて、おもしろいですねー。

最近では、赤羽淑さんの本が良かった。
源氏の女性に焦点を当てて、
それだけなら他の人もいろいろ書いているけど、
この人のは、とってもやさしいんですよ。
女性を見つめる眼が。
ちょっと、原文をたくさん引用していて、
じれったく、読みにくい所もあるのですが、
あの、末摘花さえも、やさしく見つめているのが、
「ああ、この人は本当にいい人だな」って。

しかし。
典侍のこともとりあげてほしいなあ。
と思うのは、僕だけでしょうか。

源氏物語の女たち (Part 2)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック