物語 スペインの歴史

最近、スポーツの話が続いたので、
久しぶりに本の話。

「物語 スペインの歴史」。
以前に紹介した人物編と同じ作者。

はっきり言って、歴史の本と言うよりは、
フィクションです。
事実と思ってはいけません。

作者はスペイン文学者なので、
自然科学的な歴史の著述ではありません。
資料はしっかりあるんでしょうが、
想像を膨らませて、自分で物語を作っているような感じ。
その辺をわきまえていないと、
スペインの歴史を誤解されてしまいそう。

しかし、人物編もそうだったんだけど、
へたくそなんだよね。文章が。
あり得ない日本語とか使ってて。
物語的な表現と説明的な表現が、
唐突に変わるから。

しかしです。
作者の偏見と趣味が入り交じっている点さえ抑えておけば、
イメージが湧きやすくて良い本。
そのイメージが間違っていることもあり得ますが……。
歴史って、その姿を写真とか映像では見られないので、
こういう著述は素人には非常に分かりやすい。
その意味で、画期的な本ではあると思います。

物語 スペインの歴史―海洋帝国の黄金時代

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

豊橋の同級生
2005年08月31日 22:03
本文には関係なくてごめんね(T_T)早速祝福のスレッドありがとう!ひらおさんのおかげでスムーズにここまでこれました!また豊橋来たときには新居にお誘いします!
ひらお
2005年08月31日 22:14
レス、早いなあ。びっくりした。まあ何にしても、おめでとう!こちらは転勤で好きな仕事ができて、充実しています。が、まだまだ仕事が軌道に乗らず、手探りで仕事してます。早くハンドボールやりたいなあ。
Bear22-MarkⅣ
2005年09月01日 17:45
なかなかうらやましい生活かもしれないね。
自分自身本当にやりたい仕事は何だったんだろうかと考えることもしばしば・・・。
本当にゆっくりと考える事も時間も無く気がついたら今の生活がある。
嫌なわけでも後悔しているわけでも無いですが時に何もかも忘れて旅に出たいと考えるのは自分だけでしょうか。
情熱の国「スペイン」、憧れ続けた国ですよね、光と闇が同居する世界、激しいまでの情熱。
いつかは訪れてみたいと思っています。
何年先になるかはわかりませんが必ず足を運んでみせるぞ!
いっそバルセロナにある拠点に出向でも構わないけど・・・。
まぁ、無理ですが。

ひらおさん、いつか機会があれば一緒にどうですか。
ひらお
2005年09月02日 22:27
スペイン、いいですよー。ぼくも、当分行けそうにありませんが。しかし、一緒に行く機会が有れば、案内しますよー。マドリードでもバルセロナでも。

この記事へのトラックバック