モンゴル記 1日目。

着いたぜ~!!
モンゴル!!!

とりあえず、無事到着しました。
ネットには接続できますが、
やや遅い。
FOMA並みかな。
まあ、十分といえば、十分だが。
それよりも、電源がややこしい
3種類くらいある。
しかも、ふつうに日本と同じコンセントも。
最初、そこに変圧機つけてつないだら、
すっげ熱くなった。
たぶん、電圧も日本と同じなんだろうな。
ほかにも、モンゴルプロパーなコンセントもあって。
どれをどれにつなげばいいのやら。

ということで。
初日の報告。

17時の飛行機で成田発。
でも、ばたばたして、現金を下ろすの忘れた。
なるべく、カードで暮らそう。

そして。
ミアットモンゴル航空の飛行機。
かなりポンコツ
まず、国際線なのに、各シートにモニターがない!
さらに。
もたれると、自動的にリクライニングになる。
否。
正確に言えば、ストッパーが働いていないというか。
常にリクライニング状態。
大丈夫かよ~。

でも。
ちゃんと飛んでくれました(笑)。
ちなみに。
席は2列-4列-2列のもの。
なんか、日本の国内線に乗ってるみたい。

で、同行者が持ち込んだシュレック3をPCで観戦。
あれ~?
シュレック3って今やってるよね?
海○版?
聞かなかったことにしてちょ。

ずっと曇ってたけど。
到着する30分くらい前から、地上が見えて。

画像


うお~。
砂漠?草原?
とにかく、日本にない景色。
出発前は仕事のことで頭がいっぱいだったけど。
この景色を見て、やっとワクワクしてきた

午後9時過ぎ到着(時差マイナス1時間)。
今年から、サマータイムがなくなったらしい。
なぜなら。
サマータイムだと、10時くらいまで明るい。
から、遊んでしまうのだそうだ
今年の3月のサマータイム変更直前に、
廃止が決まったらしく。
地球の歩き方にも、まだサマータイムがあることになってるから。
びっくり。

ウランバートル市内のホテルにチェックインし、
近くのレストランで打ち合わせ。
モンゴル料理を頼んだけど、
名前忘れた。

画像


なんか、焼きビーフンみたいな味で、
麺はうどんって感じ。
ほかの料理も含めて、
まずはおいしかった。

ってことで。
今日は、夜着で写真はほとんど撮っていません。
ま、明日からに乞うご期待!!!

コーディネーター兼通訳の人が、
かなり使えるくさい。
明日もさっそく、3件もアポ取ってくれた。
うれしい悲鳴。
明日から、仕事がんばるぞ~!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月20日 00:19
おぉ!しばらく閉店かと思ったら、モンゴルから電波を送ってるのですか。
すごいね。やるね。

パオとかにもネット環境あるのかしら、なんて不謹慎ですね。

○年前、新婚旅行で中国へ行ったとき、広州から桂林まではソ連製の軍用機を転用したもので、揺れて怖かったことを思い出しました。

ひらおさん、モンゴルにくっきりと足跡残してね。ゴビ砂漠だっけ、風紋とかの写真を見たいなあ。
日本三大砂丘と浜松では誇ってた中田島砂丘もびっくりするやつ。
健康に気をつけてね(^o^)丿
2007年06月20日 00:38
いやいや。今回は仕事なので、ネット環境が必要なのですよ~。意外と、簡単に接続できましたよ。
パオは水道はないけど、電気は通ってるとか? でも、スラムっぽい所には、電気もガスもないそうです。
ウランバートルには、そこここに社会主義の名残が。初めてそういう国に来ましたが、結構やばい感じの時も、多少あります。でも、最近は、韓国資本がかなり流入している模様。

さすがに、ゴビ砂漠には行きませんが……。大草原とかには行けそう。たっぷりあしあとつけてきます!

この記事へのトラックバック