スポーツとはなんぞや。愛国心とはなんぞや。

日本、負けましたな~。
今回のワールドカップでは、
初めて後輩に呼ばれて、
バーみたいなとこで、
見てました。
そう言えば、98年のクロアチア戦も、
友だちと見てて負けたな。
人と見ると負けるジンクス(笑)。

でも、試合後のシーンは、
美しかったですな。
うっかり、泣きそうでしたわ。
駒野を松井とか阿部とかが、
いたわってあげてるシーンね。
いいチームだったんでしょうね。

しかし、今大会は、
サッカー以外でも、
いろいろ考えさせられたな。
大会前に批判しまくる、
サッカージャーナリズム。
手のひら返しで騒ぐ、
マスコミと国民。

スポーツとはなんぞや。

愛国心とはなんぞや。


久々に、堅いこと、
書いちゃいました(笑)。

最近読んだ本。

画像


画像


南極料理人は、
映画同様、
かなりおもしろいですぞ。

でわ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

forever-green
2010年07月01日 20:00
下手くそだけど、下手なりに泥臭く戦った姿に、自分を重ねた人が多かったと思う。
そして、一次リーグ突破の結果を出したことが、夢を叶えることに繋がった。
批判があったから、スタイルもメンバーも変えることができた。批判を真摯に受け止めた監督と団結した選手達が美しい。
2010年07月05日 19:22
そうですね~。確かに、そういう気持ちで応援したくなった人が増えたことはありますね~。でもなんというか、3連敗することが濃厚でも、同じように応援してあげたいというか。その辺が、他の国のサッカー文化と決定的に違うというか。
サッカージャーナリズムについても、批判が建設的ではないのが気になります。本田の「批判してくれた人にも感謝」は、あれは皮肉だと思ってます。

この記事へのトラックバック